昨日は屯田児童会館。
雨降りということもあり若干少なめでしたが、試合に出場したメンバーも元気に参加していました。

移動基本では、黄色帯メンバーに「順突きの突込み」を教えました。和道特有の突き方で、次の帯昇格にも必要な技です。
移動基本後は「先生これでいいですか?」など熱心に聞きに来るメンバーもいました。
徐々に移動基本も難しい技を行っていきます。

形では「ピンアン初段」を行いました。
色帯チームは三浦先生がピンアン初段を、白帯チームは南保先生がピンアン2段。
ピンアン初段は順番覚えたかな?
徐々に難しい形にも挑戦して行きます。

最後は組手。
試合での反省を元に、強い突き蹴りを出せるようにミットに思いっきり打ちこみを行いました。
空付きでの練習も必要ですが、実際にしっかりと突き、蹴りを打つ感覚を持たないと極めのある技は出せません。
なかなかしっかりとミットに打ち込むことが出来ない人が多かったです。

技を出しても極めがないとポイントにはなりません。
次の試合までは、極めを重視し、もっとポイントの取れる突き蹴りを練習したいと思います。


写真は三浦先生による初めてのピンアン初段風景。